FC2ブログ

森子の映画部屋

映画の感想や愛猫7匹との暮らし森子のつぶやき

マイ・インターン

地上波初放送 Nマイヤーズ監督
最近テレビで洋画放送するようになったね!
これはレンタルで見たのかな?
同時ネット用語が多くて意味わからなかったけど今は少しだけ理解出来るかな?
ソーシャル・ネットワークなくてアナログな私でチンプンカンプン(死語)だったし今もわからないけどね
プラダを来た悪魔を思い出すAハサウェイが今度は通販ファッションサイトの社長ジュールズ
仕事は出来るがきつくイヤな女
社長になるくらいだからやり手よね!
シニア世代のインターンを会社に入れるも専属になったベン(Rデニーロ)を無視して仕事に専念
ベンはすごくいい人でみんなから好かれる人気者!
うざく思ったジュールズは異動させるもベンに救われて撤回
正直すぎる性格なのね
素直に謝るトコがイヤミがなくて見やすい
仕事ばかりで夫マットは主夫で娘ペイジの世話
実生活でアンは2人目を妊娠中とか?
最近はLUXのコマーシャルで見て変わらず綺麗だけど作品で目立たなくなったね~ぇ?
デニーロも悪役のイメージが強いからすっかり優しいおじさま役で印象は薄いよね
70代でパソコンが出来るなんてアクティブな人よね~ぇ
頭が固いオヤジは今の社会についていけない
マイヤーズ監督作品なのでソフトなハッピーエンド!
スポンサーサイト



  1. 2019/10/08(火) 09:20:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

女王陛下のお気に入り

2018年 アイルランド・英・米
ヨルゴス・ランティモス監督
アカデミー賞主演女優賞受賞
う~ん思っていた感じと違う?
オスカー最近は地味よねぇ
分かりにくい
舞台は18世紀の史実なのだけど監督いわく別物!
アン女王(Oコールマン)って知らないもの?
気まぐれでヒステリックで政治のコトは幼なじみのサラ(Rワイズ)の言うがまま
子供を17人も亡くしているのは可哀想だけどね
女王の寵愛で権力を持つサラのもとに親戚で没落した貴族のアビゲイル(Eストーン)がやって来る
女中として雇ってもらう
階級社会のイギリスは出世には貴族のお気に入りとなるしかないものね
したたかなアビゲイルは嘘をつき女王の痛風の痛みを薬草でやわらぐコトに成功!
サラの信頼を得て待女へ
貴族に戻りたいアビゲイルは野心家で女王に近づきてなずけ女官にまで成り上がるとサラの立ち位置まで望むようになる
悪女に変貌ね!
権力って恐ろしいね~ぇ
サラの紅茶に毒を盛り行方不明の間に立場逆転
サラを追放させてしまうのだからね
自然光にこだわる監督なのか?シーンが暗い
メニューから真っ暗で見づらい
  1. 2019/10/06(日) 15:13:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生

地上波初放送はじめて見ました!
最近アメコミスターが勢揃いする作品が多いよね
2大ヒーローの対決にワンダーウーマンも登場してたのね
Cノーランは製作でZスライダー監督
登場人物が多くキャストが豪華!
バットマン・ブルースをBアフレック
アルフレッドがJアイアンズに変わっていたけど合っていたかなぁ
宇宙と人間が戦って勝つのは決まっていると思うんだけどね!
黒幕の悪党にJアイゼンバーグ
たいしたことはなく怪物をよみがえらせただけね
スーパーマン(Hカビル)は本当に死んでしまったの~ぉ?
地球を救ったヒーローなのにその被害で亡くなった人が沢山いるとせめられるのはあんまりだと思うのだけど?
アメリカは決してテロに屈しない精神に反しないかな?
ちょっと逆恨み的でバットマンに共感できずクラークの母(Dレイン)と自分の母の名前が同じだなんて偶然
ロイス(Aアダムス)の危険から必ず助けに来るスーパーマン
  1. 2019/10/05(土) 17:03:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女は二度決断する

Gグローブ賞外国語映画賞受賞
実話を元にした作品
ハンブルクで幸せに暮らしていた家族に突然の悲劇
妻カティヤ(Dクルーガー)が息子のロッコを夫のヌーリの職場に預ける
夜に会社へ戻ると爆発テロがあり夫と息子を失ってしまう
爆弾は夫の会社の前で爆発していて狙われたものと考えられる
捜査担当のレーツ警部は優しいが頼りにならない
友人の弁護士ダニーロに相談
悲しみを忘れる為に麻薬を与えてしまった事が最大の失敗ね
ヌーリは薬物売買の前科者
トラブルで狙われた説が強くなるもカティヤはネオナチが犯人のテロ
会社の前に自転車を置いた女を見ていた!
友人はいい人だが両親達が問題
家族を二度と奪われたくない~と言うセリフから付けたタイトルなのか?
ラストの決断からか?
メラー夫婦を逮捕し裁判が始まる
容疑者の弁護士が憎たらしいコト
判決は無罪!
疑わしくは罰せずの証拠不十分って信じられなよね
偽りの証言をしたマクリスのいるギリシャへ
法で裁けないなら1人で戦うカティヤは強い女性だ!
家族の所へ行かせてのセリフが深い
自分の家族が大切ならテロは許せないはずなのにね

  1. 2019/10/04(金) 19:12:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ザ・ハント ナチスに狙われた男

2018年 事実に基づく戦争映画
レンタル3本中一番の見応えがあった作品
1940年第二次世界大戦のノルウェー
ドイツ占領下
ヤン・ボールスルド12名が極秘任務マーティン・レッド作戦を実行するも失敗しナチスに捕らえられてしまう
1人逃げ出すことができたヤン
冷酷な男クルド・シュターゲ中佐(Jリース・マイヤーズ)だけは1人も逃がさない強い信念を持ったイヤな奴で逃げたヤンは生きていると信じて追う
ハラハラする場面と痛々しいシーンや辛い幻覚が見えたり考えさせられる
ヤンは民間のノルウェーたちに助けられてスウェーデンの国境を目指すのだけど過酷な日々が続く
捕らえた者たちは処刑させて生き残ったことには意味がある
ムダに終わってはダメ
人々から命がけで助けられるヤンに勇気付ける言葉
神に生かされたヤンの壮絶な人生
終戦後に戦犯で処刑になったクルド
ジョナサンはドイツ語で話してたのかな?
演技しながら熱演だね
こんな役もやるようになったんだなぁ
有名な戦争映画は多いけど良く出来た作品だと思う
  1. 2019/09/20(金) 09:55:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ