FC2ブログ

森子の映画部屋

映画の感想や愛猫7匹との暮らし森子のつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦火の馬

11年 Sスピルバーグ監督 Blu-ray 戦争
良品なのだけどアカデミー賞ノミネートだけで無冠作品
私的には受賞して欲しかったけどね‥
やっぱり少し地味だったカナ?
登場人物が多くて奇跡の馬ジョーイが戦争を通じて繋がって行くストーリーなんだけど印象が薄い感じ~
ジョーイを調教した青年アルバート
父同様サラブレットのジョーイに一目惚れする
小作料を払えないのに買ってしまう父
アルバートが苦労し調教して畑を耕すも戦争が始まってしまいジョーイを売り出してしまう
イギリス軍ニコルズ大尉(Tヒドルストン)の馬となる
ジョーイをスケッチし紳士的なニコルズに好感!
奇襲攻撃を計画するジェイミー(Bカンバーバッチ)
失敗し戦死…
敵ドイツ兵の手に移るジョーイ
シュレーダー兄弟は脱走兵となり銃殺
呆気ない最期(;_;)
風車小屋でジョーイを見つけたフランス少女エミリー
病気で祖父と暮らす
またドイツ兵に見つかり大砲運びにされてしまうジョーイ
しかし馬を扱う人はいい人ばかりで中間地帯で逃げ出すも有刺鉄線に絡まり身動きが出来なくなるジョーイを助け出すイギリス兵とドイツ兵
いいシーンだよね◎
国籍が違うのに映画だと英語になってしまう事が不自然なのよねf^_^;
アルバートもイギリス兵になり負傷
フクロウの合図でジョーイと再会!
軍曹役がEマーサンでしたo(^-^)o
やっぱり良い人~
馬好きにはたまらない作品
戦争は大切なものを奪うもの…胸にグサッと来る台詞だね
スポンサーサイト
  1. 2015/04/19(日) 20:46:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。