FC2ブログ

森子の映画部屋

映画の感想や愛猫7匹との暮らし森子のつぶやき

キャロル

Tヘインズ監督
アカデミー賞主演・助演女優賞ノミネート作品 PG12
彼女たちの愛の物語 とても大人でした
久しぶりの劇場鑑賞
やっとアカデミー賞作品が遅れて上映されてて飛びついたのだけど…昼上映で睡魔に落ちてしまって(-.-)zzZ
恋に落ちる瞬間
ボ~としてたかも?
1952年のNY
クリスマスにデパートでアルバイトをするテレーズ(Rマーラ)ふと目が止まった先にエレガントな金髪セレブ
この時にビビっときてしまったんでしょうか?(表現が現代風)一目惚れ~
娘の為にオモチャを買いに来たキャロル(Cブランシェット)優雅で気品があって美しい
ちなみにケイトと私の誕生日が同じ!!自慢なのよo(^-^)o
さらにJルーカスも
毛皮のコートや50年代ファッションがお洒落で見所
同性愛が認められない時代背景で難しさがあったけど
キャロルは結婚し娘がいる
離婚訴訟で娘を奪われてしまう
そんな中テレーズと旅に出る
目力演技が評判でW女優賞ノミネート!!
どちらが良かったか?
ラストの恋の行方は…フランス映画みたく突然終わる
人それぞれ考えさせられる映画
私的には「アデル、ブルーは熱い色」の方が感情がストレートでわかりやすかったかな~☆
  1. 2016/04/15(金) 21:47:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ