FC2ブログ

森子の映画部屋

映画の感想や愛猫7匹との暮らし森子のつぶやき

メアリーの総て

19世紀ロンドン
小説「フランケンシュタイン」の原作者が18歳の女性だったと言う作品
映画のフランケンシュタインは傑作☆☆☆
Rデニーロが怪物で博士がケネス
グロテスクな内容は衝撃的だった
メアリー(Eファニング)の苦悩と絶望から生まれた作品なのね
亡き母が作家で父親は書店
墓地で怪談を助け書くメアリー
義母と合わずスコットランドの知人宅へ行く
そこでハンサムな詩人パーシーと出逢うもロンドンに戻され今度パーシーがメアリーを追ってロンドンに来る
しかしパーシーには妻子がいて駆け落ちしてしまう
自由恋愛者のパーシー
理想と現実の違いに苦しむ事になる
人の物を奪えば当然の報いかもね
メアリーの赤ちゃんは亡くなり元妻は自殺
もう一度フランケンシュタインを見直したくなったよ

スポンサーサイト



  1. 2019/10/31(木) 16:26:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ