FC2ブログ

森子の映画部屋

映画の感想や愛猫7匹との暮らし森子のつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ディーン、君がいた瞬間(とき)

Aコービン監督
ジェームズ・ディーン没60年
主演Dデハーン
アントン監督作なので見る事にしたんだけど…監督も本職は写真家で視点がRパティンソン演じる写真家デニスの語りなのね~ぇ
デニスの方が主演みたいな感じ
1955年「エデンの東」を撮り終えたジミーは「理由なき反抗」の主演候補だった
公開前のプレミアにうんざりしていて演技以外の事に気を取られるのを嫌い反抗的な態度…
演技と性格は一緒だったのかな?
ハンサムでリーゼント
上目づかいのナイーブな不良青年がハマっていた
プレミアで出逢った無名の新人ジミーの写真集を出す事を提案するデニス
プレミアをすっぽかしたりワーナー社長(Bキングスレー)に目をかけられるも理由なき反抗の主演を射止める
気難しい新人はNYの撮影よりも故郷インディアナでの撮影を希望する
乗り気でなかったデニスだか妻子の為に特ダネが欲しかった
ライフ誌に載り好評
その7ヶ月後に交通事故で亡くなる
1956年死後に公開された「ジャイアツ」主演3作にして伝説のスターとなった
享年24歳
若くして亡くなると伝説になるよね…
最近は薬で亡くなる俳優が多いけど
私が生まれる前のスターで世代では80年代Rフェニックスの死は伝説だけどね
スポンサーサイト
  1. 2016/10/24(月) 07:44:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アダムス・ファミリー | ホーム | ジェイソン・ボーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://neco4.blog40.fc2.com/tb.php/808-fd43ae99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。